企画展TOPガラスミュージアム黄金崎クリスタルパーク

色のないガラスと色のあるガラス―光の造形展
 
ふじかけ さち「Vestiges」、アレシュ・ヴァシチェク「器・太陽」、ますだ よしのり「箱の中“出て潜る鼻飾り”」、ウラジミール・クライン「バランス」
 *上の4点は、いずれも色のあるガラス(単色のガラス)作品です
主 催 黄金崎クリスタルパーク/西伊豆町
会 場 黄金崎クリスタルパーク・ガラスミュージアム  会 期 2018.12.22(sat) 〜 2019.6.5(wed)
開館時間 9:00〜17:00 (入館は閉館30分前まで)  休館日 2019.1.22(tue) 〜 1.24(thu)

入館料 大人 800円 / 小・中学生 400円
    *上記料金にて全ての展示室と万華鏡ルームをご覧いただけます。

開催趣旨
色のないガラスと色のあるガラス、古代エジプトやメソポタミアに始まるガラス工芸史の中で、まず登場するのは色のあるガラスです。一方、色のないガラスの方は、かなり時代が下り、水晶のように無色透明なガラスが最初に出現するのは、14世紀末から15世紀初めのヴェネツィアでした。現代では、テクノロジーが進み、無色と有色のいずれのガラスも、良質で比較的加工しやすい多種多様な材料が生み出され、作品に用いられています。

そもそも、ガラスはそれ自体美しく、魅力に富んだ素材だと言えるでしょう。そのようなガラスに、更に様々な色彩や装飾を加えた作品がある一方で、敢えて色数を減らし、色彩による装飾的要素を抑えた表現もあります。この展覧会で取り上げる色のあるガラスというのは、後者に当たる、ほぼ一色だけのガラスの表現となります。

当展は、無色透明なガラスのみ、あるいは、単色の色ガラスのみを用いた、現代の造形作品に限定して紹介する試みです。どちらもシンプルであればこそ、作品の持つフォルムや質感、ガラスの光学的特性などがより一層際立ってきます。こうしたガラス造形の世界をこの機会に是非ご鑑賞ください。


このサイトに掲載されている文章及び画像の無断転載は堅くお断りします。
Copyright 2018-2019 (C) Koganezaki Crystal Park / Koganezaki Glass Museum All rights reserved.